ラブ・ライフハック

二人で豊かで自由なラブラブ人生を送るための試行錯誤の記録、雑多な日記

恋人と長く付き合うための「バカップルのススメ」~愛情表現編~

こんにちは、ヒロです。

 

今日も今日とて、

 

「二人でラブラブと、健康に、楽しく、ずっと一緒に暮らす人生」

 

を目標に活動してまいります。

 

いきなりですが皆さん。

 

恋人や奥さん・旦那さんと長く

ラブラブでいたいと思いませんか?

 

僕は少なくともそう思っています。

いつまでもハルとラブラブの熱々で

年を取っていきたいと思っています。

 

これは特別なことなんかじゃなく、

口にしないだけで誰しもパートナーとは

長くラブラブでいたいと思っているのではないでしょうか。

 

(もちろんそう考えない人もいますが…)

 

さて、僕たちは現在で2年弱付き合っています。

又、同棲してから半年ほどになるのですが

 

一度も倦怠期が来たことがありません。

 

それどころか、付き合った当初よりも

同棲を始めた当初よりも

今の方が圧倒的にラブラブです。

 

 

 

どれくらいラブラブなんだってばさ

 

ラブラブ度を数字で表すことはできないのですが

 

おはよう・いってらっしゃい・おかえり・おやすみの

チューは当たり前です。

 

なんならいただきますとごちそうさまの

チューだってあります。

 

数値で無理矢理表してみるとするならば。

 

世間一般を100とするならば、

付き合った当初は80でした。

(結構お互い手探りの状態でした)

 

同棲し始めたときは

10,000ってところだったと思います。

 

そして今は

 

かなり、かな~~~り控えめに言って

 

一億です。

 

世の中の一般カップルの

一万倍くらいはラブラブだと自負してます。

(何とどう比べてるんだ、っていう

冷静なツッコミは一旦やめておいてください)

 

何か特別なことをしているの?

 

特別なことやテクニックは

特に何もしていません。

 

所謂「モテテク」みたいなことも全くしていないし

そもそもモテに興味もありません。

 

寝ているハルに毎日催眠術をかけて

実はこっそりハルの料理に

毎日毎日惚れ薬を入れている…

 

なんてことも多分していません。

ハルはしているかもしれませんが。

 

大事にしているのは、ちゃんと

毎日相手に愛情表現を「する」ことです。

 

ほら、なんか男らしいといえば

あまり口には出さない、とかあるじゃないですか。

 

「男が好き好き言うなんて女々しい」

「ほんとは好きだし大事だけど、

照れくさくてそんなこと言えない」

「手をつなぐのは女の子からするもの」

 

みたいな考えもあるじゃないですか。

 

まあ確かにいわゆる一般的な

「日本の」男らしさには当てはまるかもしれませんが

 

僕から言わせてもらうとくそくらえです。

 

「愛する」というのは動詞です。

 

行動して初めて

「愛する」と言えると思っています。

 

男性であっても女性を「愛している」なら

行動に移す必要があると思います。

 

好きなら好きって言わないと、

相手に伝わりませんからね。

 

そのために、愛情表現を「する」ことが

必要だと思うのです。

 

具体的に二人はどんな愛情表現をしているの?

 

僕たちの愛情表現は、いわゆる

「バカップル」のそれに等しいです。

 

書ききれないほどいろいろとあるのですが、

今回はその中から四つだけご紹介しましょう。

 

  1. 「好き」と「ありがとう」はこまめに言葉にして伝える
  2. 手をつないで歩く
  3. 頭なでなで
  4. 顔スリスリ
  5. 隙あらば抱きつく
  6. 人工呼吸する

 

①「好き」と「ありがとう」はこまめに言葉にして伝える

 

しょっぱなは割とまともで地味ですね。

 

でも、これが一番大事だと思っています。

なぜなら、言葉にしなければ最も伝わりにくいのが

この二つだと思っているからです。

 

例えば自分が料理を作って

相手に出したとしましょう。

 

「おいしそう、いただきます!」

「ごちそうさま!お腹いっぱい!」

 

と伝えて食べるのももちろんいいですが

(これすら言わない、ということもありますが)

ここに一言付け加えています。

 

「おいしそう、作ってくれてありがとう。いただきます!」

「ごちそうさま、お腹いっぱいになったよ、

いつもありがとう、大好き」

 

と、「あえて」伝えるようにしています。

 

又、少しずれますが

 

朝起きたら

「今日も一日よろしくね。」

 

夜寝る前は

「今日も一日ありがとう。」

 

と、ハム太郎に話しかけるように

ハル太郎に伝えるようにしています。

 

もちろん本当に毎日思っているのですが、

思うだけではなく相手に伝えるのが

大切だと思っています。

 

②手をつないで歩く

 

こちらも割と普通ですね。

典型的かつ基本的。

 

熱かろうと寒かろうと

外を二人で歩くときはいつでもどこでも

僕たちは、手をつないで歩いています。

 

ちなみに、手をつなぐことは

ストレスの解消にもなるんだとか。

 

愛情表現且つ自分のストレス解消にもなり

一石二鳥ですね。

 

僕たちの場合(というかハルの場合)は

手だけでなく腕を組んで歩くことも多いです。

 

もちろん、手をつなぐより腕を組んだ方が

体が触れる表面積が大きくなるから。

 

どれだけ暑くても、体をぴったりと

くっつけてきてくれると

ドキドキして嬉しくなってしまいますね。

 

③頭なでなで

 

さあ、この辺からはちょっと

ヒートアップですね。

 

 先に言っておきますが。

 

僕はスタイルが決して良くもなければ

顔もイケメンではありません。

 

それでも、ありがたいことに

ハルにとっては一番なのです。

 

これは、どのカップルにも

当てはまることだと思うのですが

 

「彼女にとって、彼氏は一番の人」

だからこそ、付き合っていると思うのです。

 

確かに最初は恥ずかしかったのですが

今ではハルが露骨に喜んでくれるので

僕も進んでなでなでしてしまいます。

 

ちなみに、頭ではなく顎をスリスリすると

ハルはゴロゴロ言ってくれます。

 

④顔をスリスリする

 

うん。意味不明ですよね。

 

もはや動物的愛情表現ですね。

 

但し、ハルには効果テキメンです。

 

具体的には、顔と顔をスリスリさせたり、

ハルのお腹にスリスリしたりします。

 

仕事帰りに疲れた顔をしていても

朝起きられなくて不機嫌な顔をしていても

 

これをすれば、ハルはたちまち

満面の笑みで上機嫌になってくれます。

 

⑤隙あらば抱きついてみる

 

僕たち二人にかかれば、

お家だろうと公共の場だろうとお構いなしです。

 

…というのはさすがに言い過ぎですが。

 

人が乗っていないエレベータの中や、

カラオケボックスの中では

容赦なく抱きついています。

 

※抱きつくだけかどうかは

ご想像にお任せします

 

さすがに他の人がいる公共の場では

滅多にしません(ゼロとは言わない)。

 

⑥人工呼吸

 

ご想像にお任せします。

 

まとめ

 

後半にかけてえらくヒートアップしましたね。

最後についてはご想像にお任せします。

 

多少過激なことも書きましたが、

今回お伝えしたいのはこんな感じです。

 

  • 「好き」「ありがとう」は必ず言葉で伝える
  • 胸に秘めておくだけでなく、慣れてきたときこそ愛情表現を「する」
  • ちょっと過激なくらいがちょうどいい (たぶん)
  • 自分たちにあった愛情表現を!

 

もっといろいろと(ここに書けないような)

愛情表現もありますが

今回はここまでにさせていただきます。

 

このほかにも、もしお勧めの愛情表現があれば

ツイッターやコメントで教えてもらいたいです。

 

実践して記事にさせていただきます。

 

では、今日はこの辺で。

 

ヒロ