ラブ・ライフハック

二人でラブラブと、健康に、自由に楽しく、ずっと一緒に暮らす人生を目指すブログ

【セキララ公開】二人暮らしの水道光熱費っていくらかかるの?【名古屋】

こんにちは、ヒロです。

 

今日も今日とて、

 

「二人でラブラブと、健康に、楽しく、ずっと一緒に暮らす人生」

 

を目指して活動してまいります。

 

 

 

 

さて、このブログでは

 

「二人の生活費」

 

について公開させてもらっていることもあるのですが

 

考えてみると、生活費って

その人たちのライフスタイルであまりにも

変わってしまうものなので

 

あまりあてにならなかったりしますよね。

 

シャンプー・リンスにお金をかける人もいれば

食費にお金をかける人もいますし

 

あるいはとにかく全てにおいて

安く、安くする人もいます。

 

他にも、普段から外食が多い人や

少ない人の差もありますからね。

 

ということで。今回は

 

もう少しばらつきの少なくて、且つ

二人暮らしでも必ずかかってくる

 

「二人暮らしの水道光熱費

 

の推移を発表させてもらいます。

 

といっても、二人暮らしを始めてまだ間もないので

今回は、直近四カ月(4-7月)の

水道光熱費の推移を発表させてもらいます。

 

大前提として

 

では、先に僕たちのライフスタイルについて

少しだけお話しさせてもらいます。

 

いくら水道光熱費と言っても

 

「一日中家にいる/日中はいない」

「お風呂は浸かる/シャワーで済ませる」

 

という具合に、ある程度はやはり

生活スタイルに左右されるからです。

 

僕たちが水道光熱費で左右されている部分については、

これくらいでしょうか。

 

  1. 飲み水はペットボトル/ウォーターサーバーを利用
  2. 浄水器は付いていない
  3. ジュースやお茶は買わず、基本的に水を飲む
  4. 洗濯(平日は乾燥も)自宅の洗濯乾燥機でする
  5. お風呂に浸かるときとシャワーの時は半々くらい
  6. 自炊・料理は7割している(お米も炊いてる)
  7. 共働きなので平日の日中は家にいない
  8. テレビは基本的に見ない(金曜ロードショー位)
  9. 寒暖の調整はエアコンでしている

  

ウォーターサーバーについては、

以下の記事をご覧ください。

 

 

www.lovelifehack.com

 

ということで、水道光熱費と言っても

僕たちの場合単純に

電気代+ガス代+光熱費で出せそうにはありません。

 

僕たち二人はジュースやお茶などを

本当にほとんど買わないので、

 

一般的な「食費」の部分も

「水代」には含まれていますが

 

そこの分別まではできそうにないので

今回はこの式で算出いたします。

 

電気代+ガス代+上下水道代+ウォーターサーバー代金+スーパーで購入する水代

  

水道光熱費を発表します

 

ということで、発表します。

 

僕たちの実質的な水道光熱費の推移は

以下の通りです。

 

4月:14,974円

5月:17,086円

6月:15,244円

7月:14,714円

 

…あまりにも面白くないので

グラフを作ってみました。

 

f:id:YK0214:20190806144241p:plain

  4月 5月 6月 7月
電気代 ¥4,351 ¥4,288 ¥3,833 ¥3,863
ガス代 ¥3,544 ¥5,719 ¥4,332 ¥3,772
水代 ¥7,079 ¥7,079 ¥7,079 ¥7,079
 内上下水道 ¥1,605 ¥1,605 ¥1,605 ¥1,605
 内ウォーターサーバー ¥3,974 ¥3,974 ¥3,974 ¥3,974
 内スーパーの水 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500
(実質)水道光熱費合計 ¥14,974 ¥17,086 ¥15,244 ¥14,714

 

なお、スーパーの水代は、詳細な

データが残っていなかったので

 

大体二日に一本(2L)を使っているペースから

月々に15本購入しているとして計算しました。

 

上下水道代については

二カ月に一度の支払いになっているのですが

 

本当に、なんとたまたまなのですが

4-5月、6-7月の使用量が同額だったので

本当にたまたま同額になっております。

 

これは僕たちもびっくりでした。

 

全国平均ってどれくらい?

 

そもそも、全国平均ってどれくらいなんでしょうか。

 

ネットで調べればいろいろな記事が出てきますが

ソースがどこからなのかいまいちわからなかったので

自分で算出してみました。

 

全国平均の算出方法(興味なければ飛ばしてください)

 

今回は総務省の家計収支の統計データのうち

 

『都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり1か月間の収入と支出』

 

を利用しました。

 

二人以上の世帯のデータのうち、

水道光熱費を二人分に計算しなおしました。

 

世間一般の数値は、他のサイトの数値と

ずれる可能性がありますが

そちらはご了承くださいませ。

 

比較したグラフはこちら

 

ということで、算出した結果がこちらです。

 

f:id:YK0214:20190806144357p:plain

 

  4-7月平均 名古屋 東京 大阪 全国
電気代 ¥4,084 ¥6,320 ¥6,896 ¥7,179 ¥7,225
ガス代 ¥4,342 ¥3,606 ¥3,913 ¥3,882 ¥3,195
水代 ¥7,079 ¥3,104 ¥3,603 ¥2,962 ¥3,426
 内上下水道 ¥1,605 ¥3,104 ¥3,603 ¥2,962 ¥3,426
 内ウォーターサーバー ¥3,974 - - - -
 内その他水購入代 ¥1,500 - - - -
(実質)水道光熱費合計 ¥15,505 ¥13,030 ¥14,412 ¥14,023 ¥13,845

 

※2018年『都市階級・地方・都道府県庁所在市別1世帯当たり1か月間の収入と支出』より

【参考リンク】政府統計の総合窓口(e-Stat)

 

全国平均より少し高くなっていますが

 

先ほども申し上げたように、一部

「食費」にあたる飲み物代が入っていることを考慮すると

高すぎるということもないのでしょうか。

 

電気代が少し安くなっていますが、これが

エアコンを使わない季節の平均だからなのか、

それとも他に要因があるのかわからないので

 

そこについては別途記事にしようと思います。

 

 

まとめ

 

僕たちは水の部分で少し贅沢をしているのですが、

それを差し引いても全国平均とはあまり大差が

無いようです。

 

さすがは政府が作っている統計。

(少し前に問題にもなっていましたが…汗)

 

電気代については、また別途

記事にしようと思います。

 

では、今日はこの辺で。

 

ヒロ