ラブ・ライフハック

二人で豊かで自由なラブラブ人生を送るための試行錯誤の記録、雑多な日記

二人暮らしを円満にするために、「家事・手間」を「買おう」

こんにちは、ヒロです。

 

今日も今日とて、

 

「二人でラブラブと、健康に、楽しく、ずっと一緒に暮らす人生」

 

を目指して活動して参ります。

 

さて、本日は

 

二人で楽しく過ごすためにしている

ほんの少しの工夫について

お話しさせてもらいます。

 

 

 

「楽しい」時間を確保したいのに…

 

二人暮らしをしていて、

必ず誰しも立ちはだかる壁

 

それは

 

家事

 

ではないでしょうか。

 

洗濯、料理、洗い物、

掃除、ゴミ出し、アイロン…

 

あげればあげるほど出てきますね。

 

もっというと、更にここから

掃除であればトイレ・お風呂・掃除機…

と、細分化されていくワケであります。

 

いくら愛を誓い合った二人であっても

いくら二人の生活を待ち望んでいたとしても

 

毎日その家事をしないといけない、となると

 

ぶっちゃけのところ

大変ですよね。

 

洗濯物がたまっているところを見ると

「ああ、洗濯ものしなきゃ…」

って思ってしまうものですし

 

ゴミ箱からゴミが

あふれ出しているのを見ると

 

「ゴミ箱の袋変えないといけないけど、

今日はもう眠たい…」

 

って眠っちゃいますよね。

わかります。その気持ち。

 

もちろん二人で暮らしているのだから

洗濯物もゴミの量も洗い物も

何でもかんでも基本的には二人分。

 

大変じゃないわけないんです。

 

僕の場合、いつもハルが二人分の料理を

作ってくれているのですが

正直、本当に頭が下がりっぱなしです。

 

いつも料理の前で土下座してひれ伏して

ハルに感謝を述べています(半分嘘です)。

 

でも、本当にそうしていいくらい

大変なことをしてくれていると思っています。

 

家事って、やっぱり大変ですから。

 

時は金なり

 

さて、ここで一つ紹介させていただきたいのは

僕たちの基本的なスタンスについてです。

 

僕たちはいつも言うように

 

「二人でラブラブと、健康に、楽しく、ずっと一緒に暮らす人生」

 

を目指して活動しています。

 

その中で一つ、特に

 

「楽しく」

 

を実践するために意識しているものとして

 

「買える時間は買う」

 

というスタンスがあります。

 

タイムイズマネーというように

時間はお金です。

 

逆に言うと、時間は

お金で買えると思っています。

 

大層な話に聞こえるかもしれませんが、

身近に置き換えると、

とても簡単なことです。

 

洗濯の時間は洗濯機で買えますし

洗い物は食器洗浄乾燥機で買えます。

 

もっと言うならば、

電車は移動時間を買っていますし、

ドライヤーは乾かす時間を買っています。

 

それと同じだと思っています。

 

どこまで「お金で解決」する?

 

とはいえ、全部が全部お金で解決しようとなると

到底今の僕たちではお金が足りません。

 

移動は全てタクシーにして

家事は全てお手伝いさんを雇い

ありとあらゆる最新家具をそろえる…

 

なんてことをしていては破産まっしぐらです。

 

  • どこまでお金を出すか?
  • いくらまでならお金を出しても問題ないか?
  • 他人・機会に任せても良い妥協点は?

 

等々、二人ですり合わせていく必要があります。

 

↓この記事もご参照ください。

www.lovelifehack.com

 

身の丈に合った「時間」の購入

 

改めて言いますが、僕たちはまだまだ20代。

それに、単なるサラリーマンです。

 

さすがにお手伝いさんを雇ったり

全て最新家具を購入するのは身の丈に合いません。

 

(同じような年代の人で、

できる人もいるのかもしれませんが…)

 

なので、僕たち二人が今

「時間」を買っている一部を

ご紹介させていただきます。

 

  1. 洗濯物を基本的に畳まないでいいようにする
  2. 紙皿を使う
  3. 乾燥機を使う
  4. クリーニングを利用する
  5. 駅近・スーパー近に住む

 

1.洗濯物を畳まない

 

洗濯物を取り入れて、一か所にまとめて

とりあえずぐっちゃぐちゃにおいておく…

 

というわけではもちろんありません。

 

洗濯物を外に干したとき(毎回乾燥機で

乾燥させているわけではないので)僕たちは

洗濯物を干したまま取り入れるようにしています。

 

つまり、

 

ハンガーにかけたまま洗濯を取り込み

そのままハンガーラックに掛けてしまうのです。

 

こうすれば見栄えも悪くなければ

洗濯が場所を取ることもないですし

なにより探すときにすごく見つけやすい。

 

そのためにIKEAで少し大きめのハンガーラックと

大量のハンガーを購入しました。

 

といっても、全部合わせても

せいぜい五千円程度です。

 

これで洗濯物を畳む時間が買えたとなれば

かなり破格ではないでしょうか?

 

2.紙皿を使う

 

もちろん全部が全部というわけではないです。

お味噌汁なんて紙皿に入れると

大惨事になってしまいますからね。

 

例えばちょっとしたサラダやオードブルのときは

洗い物をふやさなくていいように、

紙皿を使うようにしています。

 

こちらは百均でも買えます。

一枚10円ってところでしょうか。

 

10円で一枚皿を洗う手間が減らせるなら

悪くはないですよね。

 

3.乾燥機を使う

 

これについてはこの記事をご覧ください。

 

 

www.lovelifehack.com

 

 

もちろんいつも乾燥機を使っているわけではないですが

やはり共働きの場合、平日の洗濯は

なかなか現実的に厳しいものですから。

 

4.クリーニングを利用する

  

アイロンの手間を省くためです。

毎日のシャツに対してアイロンをかけていては

結構な時間になってしまいます。

 

準備から片付けまで一枚10分だとすれば、

一週間なら約一時間。

 

一時間を毎週使うのはちょっともったいない。

 

じつは、クリーニングについては

他にもう少し理由があるのですが

 

話すと長くなってしまうので、

それは今度にさせていただきましょう。

 

 5.駅近・スーパー近に住む

 

これは言わずもがなかもしれません。

 

僕たちの住居も、スーパー・駅まで共に

徒歩10分以内で行くことができます。

 

この辺については少し長くなるので、

別記事で更新させていただきます。

 

まとめ

 

「二人で生活すること」は

決して簡単ではありません。

 

でも、二人で話し合って妥協点を探せば

こうやって、二人の負担・手間を

減らすことだってできるのです。

 

一番大切なのは、やはり

 

「二人の妥協点を、二人で

話し合って決めること」

 

だと僕たちは考えています。

 

その中で、この記事が一つの

参考になってもらえれば幸いです。

 

では、今日はこの辺で

 

 

ヒロ