ラブ・ライフハック

二人でラブラブと、健康に、自由に楽しく、ずっと一緒に暮らす人生を目指すブログ

【ネタバレ無し】名探偵ピカチュウはいいぞ【感想】

ヒロです。

 

今回の記事を一言で言います。

 

名探偵ピカチュウはいいぞ。

 

以上。お疲れ様でした。

 

ヒロ

 

 

 

 

 

 

…真面目に書きます。

 

昨日、名探偵ピカチュウをレイトショーで見てきました。

もちろんパートナーであるハルと二人でです。

 

さて、この名探偵ピカチュウ

 

主人公ティムとパートナーのピカチュウ

二人の話になってくるのですが

 

もちろんここでいう「パートナー」は

僕たち二人の目指す「パートナー」とは少し違います。

 

僕はハルのトレーナーにはなりませんからね。

(色々と大問題な発言になりかねない)

 

今回はいつものような恋愛に関する記事ではなく、

シンプルな名探偵ピカチュウの感想です。

 

今回は字幕で見に行きました。

さて、二人で見た感想を少し。

 

①なんといってもピカチュウがかわいい

 

声はおっさん、見た目も話す内容もおっさんなのに

 

ピカチュウがとにかくかわいい。

 

一つ一つの表情もかわいいのですが

(しわくちゃピカチュウは話題にもなっていますね。)

 

実は、今回のピカチュウで一番かわいいのは

 

要所要所で出てくる大谷育江ボイスのピカチュウ

 

予告動画通り、主人公以外には

普通のピカチュウの声に聞こえるので

 

要所要所で、あのモフモフピカチュウ

いつものピカチュウの「ピカピカ」が聞けます。

 

これがもう何んとも絶妙に可愛い。

あの、かわいくて口元をぎゅっと食いしばって

 

「ン゛ん゛ッッッッッ」

 

って言ってしまう感覚を味わえますよ(語彙力不足)。

 

②昔のポケモンだけじゃなくて7世代までしっかりいる

 

予告編でゲッコウガやルンパッパ、

ネマシュが出てきているように、

 

しっかりと1-7世代まで、つまり

サンムーンのポケモンまで出てきています。

 

(もちろんすべてのポケモン

登場したわけではないのですが)

 

あなたの好きなポケモンも出てきているかも?

 

ちなみに僕の好きなポケモン

コイル、レアコイルジバコイル

 

ハルの好きなポケモン

ミュウツーリザードンギャラドスです。

 

偏りがすごいな。

 

③CGにそこまで違和感がない

 

公開されたときはピカチュウのモフモフ具合や、

プリンに毛があることに違和感を感じたのですが

 

それは劇中は案外気になりませんでした。

 

むしろ、CGで動いている様子を見ると、

 

「あ、リアルでポケモンがいたらほんとにこんな感じかも」

 

と思ってしまったくらい。

 

もっというなれば

 

「この世界に住みたい。」

ポケモンと一緒に住みたいな」

 

という子供のころの憧れを

より強く感じさせられました。

 

このサイトで、劇中に出てくるポケモンたちを個々に

挙げるわけにはいかないのですが、

 

あなたのお気に入りのポケモンも、

 

「あ、現実にいたらこんな感じなんだ。

(喜ぶか悲しむかは別として)」

 

CGで表現されているかもしれませんね。

  

④ストーリーもしっかりしていて人間とポケモンのバランスがイイ

 

原作無視、ポケモン要素も薄く、

 

ポケモンがおまけ」

 

になっているわけでも、

 

ポケモン要素ごり押しの中身のない作品」

 

でもなく、

 

ストーリーもしっかりありつつ、

そのうえで要所要所にポケモン要素があり

ポケモンファンが見てもガッカリ感がない

 

と僕たちは感じました。

 (これは個人差があるかもしれませんが…)

 

⑤スタッフのポケモン愛がすごい

 

オープニングからエンディングまで、

 

スタッフのポケモン愛がすごいです。

 

上記のように、要所要所ポケモン要素が

きっちりぎっしりと盛り込まれている本作。

 

原作無視の部分もなく、

ポケモンの能力面も忠実に表現。

 

最初から最後まで逃すことなく見てきてください。

 

スタッフのポケモン愛に

つい袖を濡らしてしまうかもしれません。

 

総合して言うと

 

 

というのが僕たちの感想でした。

 

ポケモンが少しでも好きなカップルなら

間違いなく見に行って損はないです。

 

時間も1.5時間と長すぎないので、

ちょっとしたデートにはピッタリ。

 

ミュウツーの逆襲が世代だった人も、

あの映画を見て涙を流した人も

是非、夏の公開の前に

 

「名探偵ピカチュウ」をよろしくお願いします。

(決して回し者ではない)

 

ヒロ