ラブ・ライフハック

二人で豊かで自由なラブラブ人生を送るための試行錯誤の記録、雑多な日記

苦労をともにすることは、【恋人の『特別』になる】大チャンス!

 

 
はじめまして。
 
ラブ・ライフハッカーで、ヒロくんのパートナーのハルと申します。
 
本とお酒とヒロくんを愛する24歳。
 
最近よく聴く曲は小沢健二のラブリー。
 
座右の銘は大胆不敵。
 
どうぞ、ご贔屓に。
 
 
さて。ヒロくんと「二人でラブラブと、健康に、楽しく、ずっと一緒に暮らす人生」を実現させるために始めたこのブログ。
 
まずは今週中に10記事達成するぞ!と意気込んでいましたが、
3日ぶりの更新になりました。
 
理由は、ヒロくんの精神状態がよくなかったことです。
 
この数日間、ヒロくんは職場での人間関係による苦痛が限界値を超え、ほとんど鬱状態でした。
 
そしてそんなとき、ヒロくんは私を頼ってくれました。
 
もう私の優先順位はヒロくんの心身の健やかさメーターに一点集中で
ブログのことなんて放ったらかしです(こら)
 
だって、
 
弱みを私にみせてくれて、苦労を共にする相手に私を選んでくれたんですよ
 
 
これは私にとって、大チャンス到来です!!!(不謹慎)
 
 
なんたって、
 
苦労を共にした人というのは、それだけで特別なものです。
 
 
私は日々貪欲にヒロくんを愛しているので、
 
まだまだどんどんぶっちぎりでヒロくんの特別になりたいわけです。
 
そしてそのために努力もしてきたつもりです。
 
だから今日のこの機会、
 
ヒロくんとの愛をより強固なものにするために到来したチャンス
 
として、逃してたまるかという心意気だったわけです。
 
 
というわけで、今回はそれにちなみ
 
 
・パートナーに弱味をみせてもらえるようになりたい。
 
・支えられるようになりたい。
 
・そのための努力って具体的にどうすればいいの?
 
 
といったことについて書いていきたいと思います。
 
 
猛烈に恋する皆さん、ピンチをチャンスに変えて、
大好きな彼(彼女)の特別になっていきましょう!

 

 

頼ってもらえる存在になる

 
私も、初めからヒロくんに頼ってもらえたわけではありません。
そして逆に、私も初めからヒロくんに頼ることができたわけでもありません。
 
ただ、一歩ずつ。
 
きっかけを逃さず、向き合い、時間をかけて、
お互い少しずつ心の扉を開いていきました。
 
そこでキーポイントとなったのは、
 
 
①自分の弱味をみせる
 
②どんなときでも否定しない
 
③『弱味をみせてほしい』という意思を伝える
 
④頼ってくれたときに、うれしいと思った気持ちをちゃんと伝える。
 
 
この4つです。
 
それでは、一つずつ解説していきます。
 

①自分の弱味をみせる

 
まずは自分の弱みをちゃんと相手にみせることです。
 
相手をひん剥こうとせず、まずは
あなた自身が丸裸になる勇気を持ってください。
 
『こんな姿をみせて幻滅されたくない。』
 
という壁にぶち当たると思いますが、ぶち破ってください。
 
自分はいいところばかりをみせて、相手には悪いところをみせてほしいなんてまったくフェアじゃありません。
 
信頼されたければ、勇気をもって、
まずはあなたが相手を信頼することです。
 
 

②どんなときでも否定しない

 
そもそも大前提として、
私にヒロくんを否定するという概念はありません。
 
私はヒロくんのすることなら、たとえ共犯者にだってなる心づもりをしていますから。(そんなに警戒しないでください例え話です)
 
とここまで極端でなくとも、ふだんの何気ない日常生活から、
相手をとことん肯定しまくってください。
 
そんなこと思いついたの!?天才!?(ハグ)
 
なんて気が利くの!ありがとう!(ハグ)
 
なるほど!提案してくれてうれしい!
一回いっしょにやってみよう!(ハグ)
 
という具合です。
(ちなみにこの(ハグ)は(キス)でも可)
 
大切なのは、どんなときでも、私はあなたの味方だよ」
という意思を強く伝えつづけることです。
 
『この人は決して自分を否定しない』
という潜在意識をもってもらうことが重要です。
 
 

③『弱味をみせてほしい』という意思を伝える

 
たとえば、愛する彼に
「毎日料理してくれるところが好きだよ」なんて言われたら、
彼女は絶対がんばってしまいます。
 
(今日はごはん作るのめんどうだな…)
 
(献立を考えるのちょっとしんどいな…)
 
そう思ったときでも、
愛ゆえに自分にムチを打ってしまいます。
 
たとえば愛する彼女に、
「いつも私を守ってくれて頼りになるところが好き!」
なんて言われたら、彼は
 
(弱いところなんてみせてたまるか!)
 
と、これまた自分にムチを打ちます。
 
こうして共倒れ、なんてことは絶対に避けたいです。
 
もちろん、好きなところは素直に好きと伝えてください。
いいところ、好きなところはどんどん伝えていきましょう。
 
ですが、大切なのは、
 
『そうじゃなくても、あなたのことが大好きだよ』
 
と伝えることです。
 
「たまには休んで、いっしょに外食しに行こう」
 
「いつも守ってれてありがとう。でも、疲れたときは私にも守らせて」
 
知らず知らずのうちに、
大好きな彼(彼女)を追い込んでしまわないように、
あなたが逃げ道になってあげてください。
 
 

④頼ってくれたら、うれしい!という気持ちをちゃんと伝える

 
もしも彼女が
「今日は料理するのちょっとしんどくて…」と、
 
彼が
「ごめんいま疲れてて…」と言ったとき、
 
「しんどいことをしんどいと言ってくれてありがとう」
 
「教えてくれてうれしい」
 
と、相手に伝えてください。
 
ですがこれは、
相手ができないときは必ず自分がしないといけない
なんていう風には思わないでくださいね。
 
心掛けることは、
 
自分も相手もがんばりすぎないこと、
そのバランスをキープすることです。
 
塵も積もれば山となる。
どんな小さなことも、我慢し続けていればいずれ限界が来ます。
 
そうならないように、二人で気をつけていくことが大切です。
 
 
これが、私がヒロくんと苦労を共にしたくて心がけていることです。
 
 
いいですか皆さん。
 
チャンスはピンチの顔をしてやってきます。
 
最愛の相手が弱っている今がチャンスです!(不謹慎)
 
 
あなたが心の支えとなって、
 
彼(彼女)に、もっともっとあなたなしではいられない体になってもらいましょう!(言い方)
 
 
私とヒロくんも、
今回のことはまだ乗り越えたわけではありません。
 
ですが、どんなことだって
 
二人なら物語のスパイスです。 (ポジティブ)
 
ハッピーエンドの伏線です。(ポジティブ)
 
 
というわけで、明日からも
 
最愛の人との人生、
 
酸いも甘いも、すべてうっとりと味わっていきましょう。